nsugi031224のブログ

コンピュータ歴30年、山梨のド田舎で畑二年目、自給自足トライ中。社会問題や日常をつぶやきます。

※訂正 この図案はただの作成者の悪趣味なだけかな。。

詳細は下記に追記。。

--------------------------------------------------------------------------

阪神・淡路大震災追悼の集いの2007年、この図案に決めた奴だれだ!
20世紀少年
東日本大震災も「トモダチ作戦」だもんねー。
自作自演ばっかりやりやがって!


f:id:nsugi031224:20201013083657j:image

 

https://blog.canpan.info/makezu/archive/444

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3280455052083122&id=100003559783758

--------------------------------------------------------------------------

 情報ソースは、

「彼らは隠していない 1」
「震災発 Photo」
なんだけど、この伊丹市昆陽池での追悼事業は
ユー・アイ・アソシエーションという
ボランティア団体(代表 赤松 弘揮氏)が毎年やってて、
毎年決める開催テーマに対して図案作成をしているようですが、
図案作成者は元デザイナー?で今は岡山県真庭市蒜山のレストランオーナー?
で、この人が第1回から、2015年レストラン開店?の前職の時からずっと図案作成をやっているようで、
赤松氏のツイッター
とあり、確かに同一人物っぽい。
で、2007年第12回の開催テーマ「真実」に対して、テーマ図案「真実をみつめる瞳」で
この図案だから、この図案作成者のただの悪趣味か?
意図してやってるとしたら、他のもらしいのがあってもよさそうだけど特に無さそうで、
同一人物が20年以上ずっと図案を請け負っていることと、
この図案作成者も普通の家族の父親っぽくて、連中の匂いがしないかな。。