nsugi031224のブログ

コンピュータ歴30年、山梨のド田舎で畑二年目、自給自足トライ中。社会問題や日常をつぶやきます。

ジャック・アタリにしろ、ヘンリー・キッシンジャーにしろ、臆面もなく言うてるがな。
老人、弱者、愚か者を騙して自らを駆除させる、食肉処理場に行かせるて。
愚か者のまま大人しくそのシナリオ通りに消えるんかいな??
 
 
ジャック・アタリフランソワ・ミッテラン(元フランス大統領)の顧問で、1981年にこう書いた。
「将来的には、人口を減らす方法を見つけることが問題になります。 私たちは老人から始めます.60-65歳を超えると、人間は生産するよりも長く生き、社会に多大な費用がかかるからです.
それから、社会に何も貢献しない弱者、そして役立たずな人がますます増えるので、特に愚か者が増えます。
これらのグループを対象とした安楽死。 いかなる場合においても、安楽死は私たちの将来の社会にとって不可欠な手段でなければなりません。
もちろん、人を処刑したり、キャンプを組織したりすることはできません。 私たちは、それが彼ら自身の利益になると信じ込ませることで、彼らを排除します。
人口が多すぎて、ほとんどの場合不必要であると、経済的に高価になりすぎます。 社会的にも、人間の機械は徐々に劣化するよりも、突然停止する方がはるかに優れています。
何百万、何百万という人々の知能テストに合格することはできないでしょう、ご想像のとおりです!
私たちは何かを見つけるか、それを引き起こします。 特定の人々を標的にしたパンデミック、本当の経済危機かどうかにかかわらず、老人や高齢者に影響を与えるウイルスは関係ありません。
愚か者はそれを信じ、治療を求めます。 治療計画を立てて治療を進めていきます.
したがって、愚か者の選択はそれ自体で行われます。彼らは一人で食肉処理場に行きます。 「この断片は、2006 年にフランスで出版された彼の著書「未来の簡単な歴史」からの抜粋です。」
 
キッシンジャー:WHO評議会『優生学について』のスピーチ:2009年2月25日
羊たちが強制ワクチン接種を受け入れた時がゲームオーバーです。
彼らは「社会をより良くするため」なら何でも(血液や臓器の強制的寄付でも)受け入れます。
ワクチン接種が成功すれば若者たちの遺伝子は組み換えられ、子を産めなくなります... 「社会をより良くするため」に。
羊たちの心をコントロールすれば、羊たちをコントロールすることができます。
ワクチンメーカーは、カネ儲けのために存在します。
そして今、この部屋にいる多くの方々は投資家です。
私たちは勝ち組なのです!
羊たちは“自分を駆除するワクチン”を買うため、私たちに“間引き費用”を支払うのです。
さて...昼食にしましょうか?