nsugi031224のブログ

コンピュータ歴30年、山梨のド田舎で畑二年目、自給自足トライ中。社会問題や日常をつぶやきます。

同調圧力で望まぬワクチン接種を射たれ、重度の副反応を冷静かつ克明に記録され、無事解毒され、二回目接種時にはその記録を元に保健師の射つ射つ姿勢を改めさせた、大変貴重な記録。

https://www.facebook.com/tstkiko.moonbow/posts/2899943736912338 

【超重要 必読】
6月7日16時15分 1回目の薬液注入。
注入時にぞわぞわした感触あり。
注入部位にトゲトゲした違和感。
同日19時 左肩〜肘の外側前面の激痛とひきつれ感出現。
6月8日左腕激痛とひきつれのため45度以上の挙上不可。
6月9日朝の排尿が白く混濁。卵の腐敗した異臭あり。排尿後から左腕の疼痛とひきつれは消失。
代わりに右背面(腎臓部)に疼痛出現。
排尿回数15〜16回/日と尿崩症気味。
尿の混濁と腎臓部の痛みあり。
体温は平熱。
6月10日より右肋骨下部(肝臓部位)の痛みも出現。
同時に食欲不振、ゲップ、軽い吐き気、倦怠感も出現。
6月11日右背面(腎臓部)の痛みと頻尿傾向。
および右肋骨下部(肝臓部位)の痛みと食欲減退、ゲップ、吐き気、倦怠感強くなる。
体温は平熱を維持。
6月12日妙な頭の冴えにて睡眠取れず。日中の眠気なし。
だるさと食欲減退、吐き気、疼痛から21時に就寝。
6月13日0時突然の悪寒と全身振戦出現。体表面の熱感あるが、体内の中心部、首から頭部、四肢末梢は血流低下による冷感、チアノーゼ、しびれあり。
体温35度と低体温。頭痛、吐き気あり。
肝臓部位の疼痛憎悪。
全身激しく悪寒で震え止まらない。
おそらく、アナフィラキシーショックの手前。
1時間30分続く。
1時間30分後、末梢開き、血流戻る。
発汗著明。体温は平熱に戻る。
自己手当て療法にて腎臓の痛みは消失。
肝臓部位の痛みは持続中。 
5時3分右肝臓部位の激痛。
冷汗とともに全身寒気。
意識落ちる。おそらくショック症状。
5時33分肝臓部位の痛み和らぐが寒気持続。
7時3分肝臓部位は圧痛あり。寒気落ち着く。
全日通して、水分補給はこまめに摂取。
今、医療現場では打つことが正義とされている現状。
NO thank youと意思を伝えても無理矢理打たれる。今回の月にゃんがそう。
元救命ナースのキャリアからサポート依頼された現場で、事前に拒否の意思を伝えても打たれる。
医療現場の死者について、打ったあとの経過のケーススタディがどこまでなされているか不明。
おそらく、詳細は記録されていないだろう。 
なので、今回、自身の経過を詳細に記録発信する。
元々、薬剤でアナフィラキシーを複数回起こした既往のある月にゃんの場合、1回目で上記の経過。おそらく1回目の反応としては重症型。
2回目が副反応強いなら、生命の危険にさらされる可能性あり。
人によって副反応の重症度も出方も違うことはもちろん。
としても、若年層の2回目はリスクは高すぎる。
月にゃんが物理的に消滅する前に………。
もちろん、2回目打って、2週間生存できれば、マスク生活から解き放たれるという意見も唱える医師もいる。
そもそも、マスクが本当に必要なのかも検証必要。
皆様の決断の参考になりますように。