nsugi031224のブログ

コンピュータ歴30年、山梨のド田舎で畑二年目、自給自足トライ中。社会問題や日常をつぶやきます。

「コロナの店内アナウンスは特定のノーマスク者向けにされてる?」に対する
あるホームセンター勤務の方の回答:

・マスク等のコロナ対策はクレーム対策
・3月、マスクやペーパー類や消毒液やその他を入手する目的で、開店2時間前から毎日行列が出来、割り込まれまいと密接に行列、店員がマスクを見せたら押しくら饅頭状態。毎日そんな状態なのにクラスターも感染者も居ない


ウィルス感染を防御したい為の商品の購入に3密状態。最早、何を恐れての行動か意味不明ですが、、、
ソーシャルディスタンス煽動も、この様な恐怖に怯えた民衆には効果無く、逆に3密でもコロナ感染者が出ないことを立証するエビデンスになってますね(笑)

===============================
ホームセンターには本館の開店2時間半前から何人か出勤して来ています。
開店30分前からBGMと店内アナウンス用の音源をセットします。そうすると、店内アナウンスとBGMが自動で流しっ放しになります(^^)v
店内アナウンスとBGMは「リピート再生機能」にセットしている為、音が循環しています。
(有線でなく、会社オリジナルの音楽や企業のテーマソング、自動で流れる仕組みの店内アナウンスです)

コロナの店内アナウンスはCDの再生や有線と全く同じです(^^)
なので、コロナの店内アナウンスは、決して特定の人に放送している訳じゃあないのです。
ただ、心の中で「人と違う事をしている事」に対して無用な後ろめたさを感じている人は自分に言われた様に錯覚しちゃうのでしょう。

マイクはサービスカウンターの所にあります。
そこで、「予めレコーディングされた再生機能」でない生身の人間が放送する場合は迷子になった人が出た時か、緊急時くらいです。
ただ、このマイクを使う機会は滅多にないですf(^_^;)

サービスカウンターはどの部署よりも多忙なので、いちいち店内アナウンスを四六時中言う暇なんてとてもないです(^_^ゞ
あと、そういう専任の人を雇うと人件費が嵩むのでそういう人も皆無です。

ホームセンターやスーパーの人がマスクなし程度で自分から声かけする事は100%ないです。
店員がこちらからお客様に声かけする場合は、「明らかな犯罪行為を目撃した時(万引き、トイレの覗き行為、個人や会社への盗撮、強盗や銃刀法違反行為など)」「体調不良や具合を悪くしているお客様がいる」のみです。それ以外はスルーです。
例えば、お客様が何か困っている表情をしているだけの時や商品を選んでいる時は、こちらから声かけするのは今はタブー視されています。
(ネット上で「それをして欲しくない」という意見が多かった為)

うちの会社では、売場では「クレーム対策」「会社のルールだから」という理由でマスクを着用していても、お客様の目が届かない所や売場でない所ではマスクを外している人が物凄く多いです。
実は、店長がなるべくそうする様に従業員に声かけしています。
店長も副店長もチーフ一同も、「コロナ対策はクレーム対策」とよく言っています。

チェーンストア業にとって、最も恐れている事は「お客様からのクレーム」と「お客様とのトラブル」です。コロナではありません。

店長と副店長とチーフ一同は、「コロナは実はないもの。大袈裟に枝葉末節に目くじらたてて大騒ぎしているだけ」という認識です。普通の従業員たちもそう思っている人が多いです。

会社の人たちも、3月迄は本気にして怖かっていました。
3月はマスクやペーパー類や消毒液やその他を入手する目的で、開店2時間前から毎日行列が出来ていました。
その時に、みんな密接していました。行列に割り込まれたくない一心でです。
店員がマスクを見せた途端にお客様の津波が押し寄せて押しくら饅頭になりました。
そういう体験をしているうちに、働いている人の多くは「あれー?毎日こんな状況でも誰も何ともないじゃん」という事に気付いて洗脳から目覚めて行きました。
あの押しくら饅頭や密接状態でも、ホームセンターに毎日人が無数に押し寄せて来ていても、クラスターも感染者もいないのは余りにもおかしいです。
そう思っている従業員が多いです。

社員の中には、売場でもずらしマスクをしている人や時々外している人もいた
りします(^^)

私の勤務先はノーマスクのお客様は2~3割います。(2割ちょっとの日が多いです)
ずらしマスクのお客様を入れるとそれよりもだいぶ多くなりました(^^)

単なるクレーム対策として行っている自動再生店内放送なので、実際は強制していないです(^∇^)